ホーム > 買う/Shopping > 工芸品 > 志太人形(志太天神)/Shida Dolls (Shida Tenjin)
志太人形(志太天神)
[LNG:JP]志太人形(志太天神)
[LNG:JP]

江戸時代、農耕学問の神様・菅原道真公は庶民の間で
親しまれ、男の子の健康と学問を祈願する為、桃や端午の
節句に練り人形(土人形)として飾られ始めました。
その後、志太地区では人形の胴にわらを使い、
ビロードの衣装を着た天神様が作られるようになります。

明治期には、長い髭を生やした“髭天神”と呼ばれる志太地方
(藤枝・焼津地区を志太地方と呼んでいます)独特の
雛人形が生まれました。
今では、控えめの色合いで清楚なコンパクトな雛人形が
好まれていますが、煌びやかで豪華な袖が跳ね上がった
衣装で、蒔絵をあしらった台座にお座りになった
長い髭の大きな天神様。
段飾りや飾り雛の後ろで、全てを見守ってくれているような
大きな安心感と優しさを与えてくれます。