ホーム > 見る・遊ぶ/SightSeeing > 寺社・仏閣 > 長慶寺/Chokeiji (temple)
長慶寺
[LNG:JP]長慶寺
五輪塔無縫塔

五輪塔無縫塔

駿河守護・今川氏の菩提寺

長慶寺は今川家3代目泰範が開祖とし真言宗の寺、また
今川氏の氏寺として開創された寺で今川家の菩提寺となります。
泰範は足利義満に仕え、明徳の乱などで武功をあげ
駿河遠江の守護となった人物です。
その後、衰えつつあった長慶寺を、今川義元の軍師・太原雪斎が
臨済宗妙心寺派として再興します。

義元・雪斎というと「花蔵の乱」が有名です。

1536年8代氏輝が急死すると、雪斎等は僧籍に入っていた承芳
(義元)を還俗させ、反対派の福島越前守が担ぐ異母兄弟の偏照光寺にいた玄広恵探(げんこうえたん)と戦いこれを破ります。

当初、軍事行動を起こしたのは恵探側でしたが、義元はこれを迎撃、恵探方の拠点・葉梨城(花倉城)は攻め落とされ、
瀬戸谷の普門寺で自刃します。これを「花倉の乱」と呼び、その後今川家9代目となった義元・雪斎は、武田家と同盟を結び、織田・北条を破り、三河を政略的に支配し、巨大な勢力を誇ります。
駿河の街は京文化が花開き、華やかな街として繁栄しました。

長慶寺の境内には開祖泰範の五輪塔が、その隣には雪斎の無縫塔が残されています。

基本情報

所在地 〒426-0203 藤枝市下之郷1225
 TEL:054-638-1023
アクセス