お茶
[LNG:JP]お茶

茶道やお茶の淹れ方、お茶の種類などの説明とは違うお茶のお話です。

明治期、生糸と並ぶ日本の重要輸出品目であったお茶は煎茶の製茶方法がほぼ完成し、大々的に生産されます。
ここ藤枝の山間部は気候風土がお茶に適しており、早くから山林を開墾、茶園を広げお茶の生産に力を入れてきました。
優良茶の生産地である山間部の茶生産農家は藤枝宿に出て取引をするものが増え、茶商になるものが出てきます。

製茶貿易ポスター
製茶貿易ポスター

すると、製茶だけでなくその他の茶業関係の仕事をする者たちが次第に集まり、
藤枝は茶産業のまちとしての特徴を大きくしていきます。
製茶業者・茶商は貿易の窓口であった横浜から情報を仕入れ取引をしながら、1902年には藤枝
製茶貿易株式会社を設立し自らが製茶・仕上げをして直接海外市場へ輸出するようになります。

藤枝製茶貿易株式会社


このころより静岡の茶業組合などにより静岡茶が
大きな発展をし、お茶の輸出窓口が横浜から清水へ
移り、藤枝から牧之原にかけて(静岡県中部)の
生産量は大幅に増加し、その集積地として藤枝は
お茶と共に発展していきます。
藤枝には、明治期に一地方都市の農民や商人など
世界を相手に商売をしようとする気概を持った人々がいたのでした。

そんな人々から受け継いだお茶への思いを込めて、
藤枝のお茶は作られています。
茶商が集まっている「茶町」の地名。
今でも小路を歩いていると
どこからともなく、清々しいお茶の香りが漂ってきます。

※藤枝製茶貿易株式会社の建物は、トンガリ屋根の社屋として現存しています。


※茶町付近には、正定寺・大慶寺・月見里神社・
 神明神社・鬼岩寺などの寺社・仏閣があり、
 ゆったりと半日の散策を楽しむことができます。