ホーム > お茶/Japanese Tea > 玉露茶/Gyokuro premium green tea
玉露茶
[LNG:JP]玉露茶

藤枝市岡部町(朝比奈地区)は、宇治(京都)、八女(福岡)と並ぶ、玉露茶の日本三大産地のひとつ。
朝比奈川の川霧と山間の短い日照時間、温暖な気候は玉露づくりに最適とされています。
甘くまろやかな味とうま味が特徴の最上級茶で、手間がかかる上に生産量が少なく、大変高価で貴重なお茶です。

玉露茶と煎茶
[LNG:JP]玉露茶と煎茶

「玉露と煎茶は茶の木が違うのか」とよく訊かれます。
茶の木が違えば簡単なお話しなのですが、
茶の木(茶樹)は全く同じです。

では違いは?というと、育成方法が違っています。

玉露茶に製茶する茶の木には、新芽が開いた頃
(おおむね茶摘みの3週間前頃)から摘み取るまでの間、
菰(こも)をかけて光を遮るようにして育成します。
そうすることにより渋みが少なく、
甘い深い味わいと旨みを引き出します。
光を遮ることで渋みのカテキンを押さえられ、
旨みのテアニンの比率が多くなるそうです。

煎茶は、摘み取りまで光に当てて育てます。
ちょうど良い渋味と
スッキリとした爽やかな感じを与えてくれます。