軽便鉄道
[LNG:JP]軽便鉄道

線路の幅が狭く、機関車・車両も小型の小規模の鉄道。建設費・維持費の低コストの為、低規格で建設され、
日本では地方の街や産業の発展途上で敷設され地域の発展に貢献しました。

明治中期になると、お茶・みかんの特産品を持つこの地方の経済物流の中心地の藤枝町と
2km程離れている東海道線藤枝駅や各地域を結ぶ交通網が必要となります。
地元の有志達は藤枝大手と藤枝駅、そして相良を結ぶ軽便鉄道を計画、
1913年藤枝大手・藤枝停車場間が開業され、1918年には藤枝大手・相良間全線が開通します。
この軽便鉄道は物流・人々の足となり、生活の利便性と地域の活性化に一役を買います。

戦後、静岡鉄道相藤線となり中遠線と結ばれ、全長64.6kmの戦後営業された最も長い軽便鉄道となりました。
この時期は戦後の食糧難の時期で、豊富な海産物・穀物に恵まれた静岡中部地方は買出しの人々で大変賑わいました。

昭和30年代に入ると交通網整備(国道)や車社会の到来と共に軽便鉄道は
1970年までに全て廃止されることとなりました。
半世紀以上の軽便鉄道の歴史は、めまぐるしい世の中の動きをそのまま映し出した歴史でもありました。

現在、藤枝田沼街道の東側の線路敷地跡や、藤枝市郷土資料館前に展示されている軽便鉄道の機関車が
当時の繁栄と歴史を物語っています。