ホーム > 見る・遊ぶ/SightSeeing > 歴史・文化・祭り > 千貫堤・瀬戸染飯伝承館/Sengan-Zutsumi & Seto-no-Someii Hostory Museum
千貫堤・瀬戸染飯伝承館
[LNG:JP]千貫堤・瀬戸染飯伝承館

東海道の名物「瀬戸の染飯」や市指定史跡の千貫堤を中心にした展示や、地元保存会による解説を行っています。

千貫堤
[LNG:JP]千貫堤
[LNG:JP]

千貫堤は、江戸時代の寛永12年(1635年)に
田中城主の水野監物忠善(みずのけんもつただよし)が、
大井川の洪水から領内を守る為に築いた堤防です。

堤防建設には、千貫(一貫は1000文)の費用がかかったことから、千貫堤と呼ばれます。

瀬戸山(東名高速道路建設に伴う土砂採取のため消滅)から
本宮山(現・正泉寺山)までの全長500m以上、幅32m、
高さ3.6mの規模の堤防でした。

瀬戸染飯
[LNG:JP]瀬戸染飯
[LNG:JP]

十返舎一九の「東海道中膝栗毛」にも紹介された名物。
くちなしで染めたおこわで、
足腰を強くすると旅人に評判でした。